カテゴリー:THA・BHA

1/10ページ

THA-CUPテンプレート2

  • 2018.04.07

THA-CUPテンプレート2 前回はTHA-CUPのテンプレートに必要な要素を説明しました。 CUP外転角・Host Bone接触率・CUP-CE角でしたね。今回はこれらに加え、Offsetと脚長差を考慮してStem位置と合わせていく作業を紹介します。 まずはCUPとStemの位置を決める 下図は前回の記事でCUP設置した図です。 今回はこのレントゲンにて話を進めていきます。 次にStemのテンプ […]

THA-CUPテンプレート1

  • 2018.04.05

THA-CUPテンプレート1 前回はDDHについて説明しました。 THAはBHAと違い、臼蓋側にCUPを設置します。そのため臼蓋形成不全による臼蓋側の骨量不足や、高位脱臼による脚長差はCUP設置位置をより難しくする要因です。 今回は2部構成の1部目、THA-CUPのテンプレートに必要な要素を説明します。 CUP設置において必要な要素は? THAの適応は変形している股関節の場合が主ですので、変形の強 […]

Bipolar CUPテンプレート

  • 2018.04.01

Bipolar CUPテンプレート 前回はBHAのStemテンプレートを紹介しました。 今回はBHAにおけるBipolar CUPのテンプレートの仕方を説明していきます。 Bipolar CUPのテンプレートはあまりやらない? Bipolar CUPのテンプレートは非常に簡単です。 BHAのテンプレートにおいてはStemのテンプレートは行いますが、Bipolar CUPのテンプレートは行わない場合 […]

Stemテンプレート

  • 2018.03.29

Stemテンプレート 前回は股関節のレントゲンがきちんと中間位かどうか確認する方法を紹介しました。 中間位であるかどうか、または撮影された肢位がそのような状態なのか(なってしまっているのか)判断できる事は非常に重要です。 今回は股関節AP撮影における正常肢位を理解した上で、BHAのテンプレートの仕方を説明していきます。 まずはステムのテンプレートです。 「術前テンプレートとは」 テンプレートとは術 […]

Radiolucent Lineとは

  • 2018.03.23

Radiolucent Lineとは 前回は応力遮蔽Stress Shieldingについて説明しました。 今回はステムの緩みによりレントゲン上に出現するRadiolucent Lineについて説明します。   Radiolucent Lineとは? Radiolucent Lineとはステムの緩みが生じている場合にレントゲン上に出現する見え方のことです。 よくステムの成績発表などでも出 […]

1 10